預ける

「黒」の不安は、すぐに預ける

20131118ta.jpg


エンジェルカラーカードをお使いの方は、大事な日に限って「黒」が出て(目を閉じて選ばれて)
ぎくりとして、不安や恐怖に支配されるかもしれません

本当に誰かが亡くなるようなこともあれば、単に、ご自分の「大丈夫かな、今日」という不安が、
マイナスのエネルギーを磁石のように引き寄せただけのことも多いもの。

そんな時は「何があるんだろう」と考えても、どうせわかりませんし、
考えることで事態が自動的に好転することはありません


むしろ逆に、悪いことを集中して考え続けると、それが現実になるエネルギーを与えている
ようなことなので、

カードのことに限らず、心配や恐怖や苦痛は、さっさと「神様」に預けてしまいましょう


「神様、私は、○○(不安、恐怖、どうにもならないことの中身を言う)を神様に預けます」
と、繰り返し何回でも言いましょう

「神様」に抵抗があるなら「仏様」でも「天使さん」でも「イエス様」でも、
お好きな”上位と感じている存在”でかまいません


言い続けると、暖かくなり、力が抜け、何かが「ありがたい」ような感覚が生まれます

それはもう、神や天使たちの癒しが始まったということなのです


悪いことを預けて「申しわけない」「悪いな」と思う必要はありません

あなたの心が安心で満たされ、あなたの身体が楽になることは、「良いこと」ですから、

良いことのために天界にお頼みをするのは、良いことです






天界のメッセージを預ける

20131116m-fo (320x248)


これは、Mさんに良い導きがあるように、願いを叶えるためにお描きして、
天使のエネルギーを入れ「どうすれば願いが叶うか」「天界にどう頼めばいいか」を書いて
お送りした「天使の羽」

神様が、「額は赤に」とおっしゃるので「赤に赤は、配色として難しいし、売ってないかも」とは
思ったのですが、

お告げは、そのまま相手に預ければ、どうするかは「導かれる」ものだと
経験的に知っていたので、そのままお伝えしました

結果、Mさんは、センス良く、ご自宅にあった赤い紙を切って、ご覧のような立派な額装を
なさって「お見事!」

とかく「心配」というものは、「失礼」で「余計なお世話」なのかもしれません






回復は神に預ける

20130831aya-lv.jpg


この花は、カラーヒーリング専科で学ばれた彩さんから8月にいただきました

白いふちが、かわいいですね

ご主人の「脳腫瘍の摘出手術」の遠隔ヒーリングをさせていただいたSさんからご報告がありました



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

主治医の先生が、「驚異的な回復ぶりだ」と驚いておられるそうです。


主人は、はたちの頃パリで調理師として働いてた経験がありました。

結婚当初、よく私に「絶対に いつかパリに連れてって思い出の場所を案内するよ」
と口癖のように言ってました。

それから三十年近く、私達は波瀾万丈な生活を送りました。
何度も家屋敷を失い、お店を失い、病気になり。

(病気が発見される前に行ったミステリーツアーで経験したワイナリーの収穫祭が、
新たな目標を見つけることにつながり)

残りの主人の人生は、きっと素晴らしいものであるような気がします。
夢は、主人と二人で、パリの河のほとりで、「いい人生だったね。」と語る事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大変な思いをなさいましたが、回復が順調で、目標も見つかり、良いこともありましたねSさん


お二人でパリへ行けるよう、天界に頼んでありますよ


誰でも、手術など、医師にゆだねなくてはならないこともたくさんありますが、
やれるだけのことをやったら、後の回復は「神に預けます」と言い続けて、心配にしがみつくのを
止めましょう

あなたが心配することは、天界の助けの邪魔をするだけ、妨げになるだけなんです

しかも、心配や恐怖について考え続けることが、その心配や恐怖を現実にする力になるとしたら、
まさに自分で不幸の穴を大きくしているようなもので、そんなの嫌ですよね






できるかどうか、は神に預ける

20131118mami.jpg


これは、「お子様の脳の血管の手術」の遠隔ヒーリングをさせていただいたHさんからいただいた
レインボウベアというキャラクターのタオル

空、雲、風船、クマ、虹・・・・リラックスできる色柄がいっぱいで癒されますね

ありがとうございましたHさん


よく、「○○になりたいけど、なれるだろうか」
「○○をしたいけど、できるだろうか」と心配をし続けて、

勉強もせず、試験も受けず、見学にも行かず、心配だけをしている人がいらっしゃいますが、

できるかどうか、なれるかどうか、は「神に預けます」と言えばいいのです


そうすればさっさと「無理」と思う出来事があったり、
逆にするするっと「導かれて、その道へ行っていた」りするものです






選ばれるかどうかは神に預ける

20131111tz-sil2 (350x263)


これは、パワーチャージドリンクをお頼みくださった多寿子さんにいただきました

花びらの先がリボンみたいですね



たしか65歳をすぎてから画家になられた、読者の内山栄子さんが、11月16日~24日まで、
上野の東京美術館で開かれている

「太陽美術展」と「都展」に、それぞれ入選なさり、作品が展示されていると知らせがありました

素晴らしいことですね、おめでとうございます 内山栄子さん



絵も 展示されるかどうか、展示された中で賞をもらえるかどうか、など何度もふるいに
かけられるわけですが、選者の感性によって明暗が分かれますね

見合いパーティとか、男女の交流にしても「この人がいい!」と選ばれるかどうかは、
「神のみぞ知る」という感じがします


あがいてもしようのないことはすべて、神に預けましょう

預ける=ゆだねる=執着しない=「天の介入を許す」ことなんですよ

それは、投げやりになることではなく、「ベストなタイミングで、ベストな状態をつくる手段」だと
思います






11月18日天使のエネルギーヒーリング

20131103maria-ro (240x320) (2)


これは、電話カウンセリングをお受けくださり、浄化せっけんをお楽しみ中のマリアさんに
いただいた、イチョウ

11月初めの北海道の紅葉ですきれいですね。


11月18日は満月ですから、15日のブログで予告したように、夜11時から12時の予定で
「天使のエネルギーヒーリング」を行います

かなりの方が「職場の浄化をしてほしい」状態だったようで、「期待大」のメールをたくさん
いただきました

専業主婦の方には、ご自宅が浄化されるように、天界にお頼みします

皆さんが大いに浄化されて、心配や恐怖のすべてを「神に預ける」ことができるようになって、
元気に楽しく仕事ができるようになるといいですね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高坂 美紀(たかさかみき)

Author:高坂 美紀(たかさかみき)
カラーコンサルタントで
ヒーラー。

ヒーリング、カウンセリング、
パーソナルカラーアドバイス、
パッケージデザインアドバイス、
セミナー講師などで活躍中。

「人生を変える魔法の色彩
セラピー」をはじめ、
色と癒しの著作は34冊。

クリエスクールではカラーのプロ
養成講座「カラーヒーリング入門コース」
「カラーヒーラーとカウンセラー
の養成コース」の講師をつとめて
いる。

特に、離れたところにいる人に
光と念を送信したり、天使の
エネルギーを届けて癒す
「遠隔ヒーリング」では、
たくさんの人々を癒して
実績をあげている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
409位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
74位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR