たくましさ

天然素材のジャケット

20131017ta.jpg


今日は、毛と木綿が86%を占めるジャケットを羽織っていますが、だれでも天然素材のものを
着ると、たくましくなりますよ

それも、植物繊維(たとえば木綿)と動物繊維(たとえばウール)を合わせると、
植物の優しさと強さ、動物の生命力の合わせ技で、さらにしっかりします


そして、カーディガンを着ると優しくなり、ジャケットを着るとしっかりします


あなたの明日には、どんな素材の「ジャケット」か「カーディガン」の、どっちが必要か、
考えてみませんか

半分は自分が幸せであるように、半分は会う人たちが幸せであるように、着るといい
ような気がします






実を食べる

20131017sizuka.jpg


これは、電話カウンセリングをさせていただいたことがある静香さんにいただいた柿

果物は何でも大好きで、大喜びしていましたが、たくさん取り出して、新聞紙の下にも
もう一段あったのにびっくり、「わ~い」のち「わ~~~い!」でした

主人がたくさん食べないように(ケチ)「今日の分」とばかり、食卓の席に1個置いておいたら、
朝には消えていたので、夜の分を置いておくか・・・、それだと「一日2個はいいよ」と言ったも
同然かな・・・、と せこい悩みをかかえています


ともあれ、実というのは、その植物の生命力のすべてが詰まったものですから、
食べると、しっかりします

フルーツやナッツをたくさんいただきましょう







戦う

20130922mitiko-j-sil.jpg


これは、カラーヒーリング専科カラーヒーラーとカウンセラーの養成コースで学んで
くださっているM子さんのお子様がお描きくださった絵

友だちとの間で、心理的に戦わなくてはならないような状況にあるようですね

「なんか言ってやりたかったの?」とか「やっつけたいのかな」「これは友だち?」というように、
”犯人探し”や”けんかの勧め”ではなく、「置かれている状況」と、「立場」と「気持ち」
を教えてもらうような感じで、お話を聞いてあげるといいですね


小学校の時というのは、グループの対立があったりして、けっこう戦いが多いです

でも、それが、その子の心を鍛えている面もありますから、一概に「対立を怖がる」必要は
ないと思いますけどね

高学年ともなれば、恋の駆け引きや嫉妬もあったりして、大人並みの大変さがあります


お母さんは、できればお子様が3歳になるぐらいまでに、アートセラピーを学んでおくと
うまく話せないことも気づいてあげられて、対話のきっかけがつかめていいですよ

カラーヒーラーとカウンセラーの養成コースでは、人間関係の問題解決や自己実現のための
アドバイスに使える「自由画」を使ったカウンセリングを学んでいただいています






上を目指す

20131017ichi.jpg


これは、ある女性が仕事でナンバーワンになりたい願いを叶えるためにお描きして、
天使のエネルギーを入れ、天界への頼み方を裏に書いて、「どうすればナンバーワンになれるか」
を神様にお聞きして書いた「アドバイス」のお手紙と共にお送りした「天使の羽」


1975年ぐらいから1990年ぐらいまでは、みんなが なんでも「一番」や「上」を
目指していたようなところがありましたが、

今は、自分の「心地よさ」、自分の「満足」を求めていくようになり、

「もっと多くの売り上げ」「もっと多くの受注」「もっと上位」を目指す人は
少なくなったようです


それでも、他者との比較ではなく「自分の向上」を目指したり、
「魂磨き(明るく軽く、喜びと感謝に満ちた強い心をつくる)」をしていくことは
必要なんじゃないかなと、思います






助け合うたくましさ

20131013aya-pea.jpg

これは、カラーヒーリング専科で学ばれた彩さんにいただきました

透けたところの色合いがきれいですね


たくましくなるには「自分が経験をして強くなる」方法と、
「助け合う気持ちと、呼びかける勇気とネットワーク」を強めていく方法がありますよね

呼びかける勇気が持てない人にも、ブログやホームページといった武器が持てる時代になり、
助け合うたくましさを養うには、好条件がそろっています

あなたも、助け合うたくましさを持ってみるという視点に立って「できることないかな」
と考えていくと、自己実現と生きがいと楽しさが手に入りそうです






気力・体力づくり

20131015tz-ro3.jpg


これは、パワーチャージドリンクをお頼みくださった多寿子さんからいただきました

たぶんサトウキビかな

根のところが空中に盛り上がっていて、たくましさを感じます


たくましさをつくるには、気力・体力の充実が不可欠ですが、

私は「生の果物や野菜を食べる」こと、
「太陽光にあてた水を飲む」こと、
「野菜の皮や種を弱火で30分煮出したべジブロス(やさいのだし汁)を水代わりに
料理に使う」こと、

怒りを自覚したらすぐに「大天使ミカエルに浄化してもらう」こと、
「食べ物や服の色などを、天使に聞いて選ぶ」こと、

「歩く」こと、
「あら塩入りの風呂につかる」こと、
「できるだけ、好きなことしかしない」ことによって、気力と体力を作っています

57年生きていますが、自分史上 一番元気ですし、午前8時から夜12時30分ぐらいまで
毎日休みなく動き続けても「へとへと」ではなく、

「明日のために」寝ている感じです






太陽・空気・土・水

20131016yuuko-go.jpg


これは、浄化せっけんをお頼みくださったことがある優子さんからいただきました

きりっとした空と大地が、ノルーウェイのような雰囲気

感謝と喜びを増幅する画像ですよ

ホワイトターラや観音様のエネルギーが注がれていてるようです。

右下の小さな光は、大天使ジョフィエルかもしれません


太陽と空気と土と水が、クリーンなエネルギーを与えてくれてこそ、私たちはたくましく
生きていけますよね

だから、私は今日も「地球の浄化と癒し」を天界に頼み、
「原発事故汚染の拡散を食い止め、すでに汚染された土と水を浄化してもらい、
核のゴミを安全に処理していけるように」導きとサポートを天使たちに頼んでいます

あなたを支えてくれているのも、地球の生命力のバランスです

地球に「ありがとう」と言うだけでも地球の癒しになるんですよ

美しい自然を見た時だけでも、思い出して、地球に「ありがとう」と言ってくださいね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高坂 美紀(たかさかみき)

Author:高坂 美紀(たかさかみき)
カラーコンサルタントで
ヒーラー。

ヒーリング、カウンセリング、
パーソナルカラーアドバイス、
パッケージデザインアドバイス、
セミナー講師などで活躍中。

「人生を変える魔法の色彩
セラピー」をはじめ、
色と癒しの著作は34冊。

クリエスクールではカラーのプロ
養成講座「カラーヒーリング入門コース」
「カラーヒーラーとカウンセラー
の養成コース」の講師をつとめて
いる。

特に、離れたところにいる人に
光と念を送信したり、天使の
エネルギーを届けて癒す
「遠隔ヒーリング」では、
たくさんの人々を癒して
実績をあげている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
441位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
91位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR