距離感

猫的距離

20130703ta.jpg


庭のクロコスミアが咲いて、からまるヤブ枯らしという草から守ってきた甲斐があったなと
思います

草花は、徹底して受け身だけど、かけた手数と愛の分だけ、なぐさめたり、励ましたりしてくれる
ように感じるので、

こちらの勝手なバランスはとれたかのように、感じられますね


人との距離の取り方は、難しさを感じますが、

私の理想は、猫のような距離の取り方です

あくまでも「自分の気分」と「自分の意志」が行動のきっかけになっていて、
くっつく時もあるし、待つ時もあるし、離れている時もある

自己中心なのだけど「徹底したマイペース」の強みで、相手が「慣れて、受け入れる」
ということで成り立つ「程よい距離」

それが対人関係の距離でも、できればいいのになあ、と夢想しています






商品を介在させてつながる距離

20130417tz-cre.jpg


これは、お会いしたことはないけど、パワーチャージドリンクをお頼みくださり、
いつも素敵な画像をいただいているつながりの多寿子さんからいただきました




あるご家族のための浄化せっけんをお作りしていて、

「あ、皆さんのお名前、覚えてる」という自分に気づいたとき、ちょっとうれしくなります

なぜなら、ご家族一人一人のお名前を小声で呼んで「○○さんの体よ、ありがとう」という
感謝の念を浄化せっけんに入れているので、リピートしていただくうちに、覚えてしまうんです


その人が「頼まないでおこう」とお思いになれば、それを尊重して、コンタクトはとらない

でも、その人が「頼みたい」とお思いになれば、商品と共にお送りするアドバイスの手紙で
つながる

たいてい覚えてはいるけど、親しく思っているけど、感謝しているけど、
べたべたしない感じの距離が「商品を介在させるつながり」の中では、可能ですね

私は、そういう距離感が好きです

「行きつけのお店の 感じのいい店員さん」みたいな距離も、いいものだと感じます

「商品が好き」「サービスが好き」というだけのつながりの人、あなたにも、いらっしゃるでしょ






無意識でつながる距離

20130630aya-lv.jpg


これは、カラーヒーリング専科で学ばれた彩さんにいただいた画像

赤と緑のコントラストがきれいで、かわいいですね


「見えている」わけではないんですけど、突然「あ、今、彩さんが笑った」と感じること
があります

どこかで「楽しんでいてほしい」とか「幸せであってほしい」と思っている相手は、
親子や恋人でなくても「ふっと」思い浮かぶことがありますね

そういう、無意識につながる相手との距離感も悪くないなと思うのです






師弟の距離感

20130412kanaba-ye.jpeg


このあでやかなお花は、このお花に負けないぐらい華やかな五色空間の金場弘枝さんから
いただきました

金場さんは、カラーヒーラーとカウンセラーの養成コースで学ばれた受講生のお一人ですが、
私を講師として起用してくださる時は、代理店の代表でいらっしゃいます

「学び」や「仕事」によって 関係が変化するのも面白いし、相手の素晴らしさを知る
ことができていいと思います

はじめに抱いた敬意やあこがれを裏切らない「師」でありたいものですね






ボーダーライン

20130213aya-pu.jpg


これは、カラーヒーラーとカウンセラーの養成コースで学ばれた彩さんにいただきました

2月にいただいたんですけど、紅葉しているような感じですね



人との距離は、その人によって「程よい」と感じる程度が違うので、
どのくらいの位置にいたらいいのか、迷いますよね

相手が、分かりやすく不機嫌になって、怒っている感じで、そっけなくなったら、
「ボーダーラインを越えて、押し付けたり、干渉したり、言いすぎたりしたのかな」と
分かりますけどね

いつまでも「愛想よく」「受け入れている演技」をしてくれたり、返信してくれたりすると、
「これでいいのかな」と思ってしまいますよね。



神様にうかがいましたら、良い距離感をつくり、それを保つためには、
「やさしく傷つけないように、助け合う」ことを、自分の意志で決めて、
「関係が気まずい」想像をせずに、「関係が壊れる」心配もせずに、
自分がふわっとしていればいいそうですよ






腹筋をゆるめる

20130329tz-mg.jpg


この景色は、電話カウンセリングをお受けくださったことがある多寿子さんにいただきました

「せっかく一生懸命にやってあげたのに、結果的に嫌われて、がっかりして傷ついた」人の
心を癒す光であふれています


権力を手にするための競争や戦いに巻き込まれたり、何らかの恐怖感や不安感が去らない状態
が続いたりすると、腹筋が緊張したままになるんですけど、

やがてそれは、背中や首など、全身に拡大して、緊張し続ける人をつくることに

この状態では、人との距離感は上手に作れず、ひどく人に疲れてしまいます

深くゆっくりした呼吸をしたり、自分が一番緩むものを見たり、自然の中ですごしたりして、
腹筋が緩んでいるようにしてから、相手のことを考えてみると、

「こうすればいい」とわかりますよ

ずっと、かかわる人の数だけ、
程よい距離のつくり方について学び続けるのが人生という気がしますが、
あなたも、早くご自分に合った「気持ちの良い、楽な距離のつくり方」がつかめるといいですね

そしてそれが、周りの人にも快く受け入れられるようになるといいですね

コメントの投稿

非公開コメント

先生こんにちはー

掲載しない方がよい場合は、削除して下さい。


じー (( ̄_| っと先生に見られていたらどうしよう(笑)


私も先生かな…と思うときがありますが

フローリングの床から鏡の下方の端が揺れて見え(笑)(運動中?)、
TRF とか大塚愛の曲が、何故か後ろに聞こえます
(すごい妄想だな…私 ( ̄_|)

あとは白い布巾?タオル?で白いスツールを葺いている手とか、布巾の濡れ加減とか…


あと、この場をお借りして…
先生のブログに掲載された私の画像を見て、私に祈り(?)を届けてくださるかた、ありがとうございます。届いています。
祈りは強力な守りになります。私を守ってくださってありがとう。
苦しい日々の力になっています。心から感謝しています。
ご連絡先がわからないので、この場をお借りして御礼申し上げます。
皆さんにも、沢山の幸せがありますように
プロフィール

高坂 美紀(たかさかみき)

Author:高坂 美紀(たかさかみき)
カラーコンサルタントで
ヒーラー。

ヒーリング、カウンセリング、
パーソナルカラーアドバイス、
パッケージデザインアドバイス、
セミナー講師などで活躍中。

「人生を変える魔法の色彩
セラピー」をはじめ、
色と癒しの著作は34冊。

クリエスクールではカラーのプロ
養成講座「カラーヒーリング入門コース」
「カラーヒーラーとカウンセラー
の養成コース」の講師をつとめて
いる。

特に、離れたところにいる人に
光と念を送信したり、天使の
エネルギーを届けて癒す
「遠隔ヒーリング」では、
たくさんの人々を癒して
実績をあげている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
549位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
111位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR