旅立ちを助ける人

雨上がり

20120424ta.jpg

夜中に降った雨が上がって、快晴だと、日差しと草花の水滴がきれいですね

ちょっとばかり、自分もキラキラしてみました

微妙な色のチューリップも悪くないと思えるようになっていて、
「いつのまにそうなったんだろう」と立ち止まりました






ワイン色の癒し

mihokodokuiyasu.jpg


この、あっさりした感じの、ワイン色の「天使の羽」という絵は、ある女性の孤独感を
癒すためにお描きして、天使のエネルギーをチャージしてお送りしたものです

その人が弱っている時には、あまり多くの羽を大きく描かないみたいです
(私の意志とは関係なく手が動いたり、動かなかったりするので)

ワインレッドは、女性ともめて、悔しいやら悲しいやら、それでも文句を言えない時に使うと、
慰めになる色ですよ

そのほかにも、失恋の痛手から立ち直れない時、自分は女性としてあまり幸せを
感じられなくて悲しいと感じている時にも癒してくれます

男性は、母や妻ともめたりして、切ない時に使いましょう

お母さんと小さい時に別れたり、お母さんを弟に取られたように感じたりして
育った男性は、赤ワインのほうが好きなことが多いですよ






雨の癒し

20120422カラー多寿子


こちらは、彩さんの教えに習って、花に「こんにちわ」と挨拶しながら撮ったという
多寿子さんによる、雨あがりのカラー。
こういう色のもあるんですねえ


20120423花水滴彩


こちらは、カラーヒーラーとカウンセラーのコースで学ばれた彩さんがお撮りになった
雨のしずくと花びら

むちゃくちゃなようで美しいですね






かくれんぼ

20120423八子裕美かくれんぼ


こちらはセミナーでお会いしたことがある八子裕美さんからの「かくれんぼ」というタイトルの一枚

曇り空でも、たくさんの動物が楽しませてくれています

「雲が天使の作品であることもある」ということを知っている人は、幸せですね






助ける

20120422猫手多寿子


これは、外で遊んできた、多寿子さんちの猫さんで、ちび太くんの手

ちび太くんも、いろんな手助けをしているんだろうな~と思いながら見ました

人の一生にも、本当は相手の旅立ちを助けている人がいます

私は、親がきらいで、大分県から東京へ出てきました

9年後「あなたの女中として私が居るんじゃない」と感じて、離婚できました

2年後「あなたのような人に使われたくない」と、独立しました

12年後「あなたに父親を探そう」がきっかけで、再婚しました

たくさんの人に「押し出してもらって」今があるのです

みんなに感謝しています


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高坂 美紀(たかさかみき)

Author:高坂 美紀(たかさかみき)
カラーコンサルタントで
ヒーラー。

ヒーリング、カウンセリング、
パーソナルカラーアドバイス、
パッケージデザインアドバイス、
セミナー講師などで活躍中。

「人生を変える魔法の色彩
セラピー」をはじめ、
色と癒しの著作は34冊。

クリエスクールではカラーのプロ
養成講座「カラーヒーリング入門コース」
「カラーヒーラーとカウンセラー
の養成コース」の講師をつとめて
いる。

特に、離れたところにいる人に
光と念を送信したり、天使の
エネルギーを届けて癒す
「遠隔ヒーリング」では、
たくさんの人々を癒して
実績をあげている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
409位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
74位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR