FC2ブログ

尊重されるために

 好きなようにし続ける

20181015ta (165x350)

人から 「この人はこういう人だから」と 思われると とても 楽に 自然体で居られます

たとえば ファッションも その時 自分が好きなスタイルにしていくことを 
続けていると、周囲も慣れて 許してくれますね

「こういう人」という評定が 恥ずかしいなら、それは「自分ではない」と分かっているから
でしょう

自分の好きなもの、自分の心地よさ、自分が許容できる美、
それらを自分で認めていくことが「自信」という 落ち着きのもとになると思います





存在の耐えられない軽さ

20181015ton2.jpg


これは「同心居(とんしんじゅ)」という中国料理店に飾られていたお花

秋から冬にかけての「赤」は ことさらに美しく、力をもらえますね



先日は 映画「存在の耐えられない軽さ」を 観ました


1968年のチェコスロバキアを舞台に、女好きな外科医が 
スイスで見かけた女性に惚れて 結婚したけど、

結婚後も自由に セックスフレンドとの密会を続け、
「自分の存在を軽視されることに 耐えられない」と 去った妻を追って

ソ連が侵攻してくる中、パスポートを取り上げられてまでも、スイスの田舎で妻と暮らし、
今までとは 何もかも違う生活の中で、どういうことが 幸せなのかを感じ始める大作


軽視されたくなかったら、この映画の妻のように、「NO!」と立ち去るぐらいの
勇気が必要なんだろうな・・・と 学びました





 愛しのアクアマリン

20181015ton3.jpg


これも「同心居」というお店に 飾られていたお花


先日は 映画「愛しのアクアマリン」という 映画も観ました


父の勧める人魚との結婚が嫌で 家出をして、三日間だけ人間になった人魚が
同年代の女の子と一緒に ビーチで イケメンのボーイフレンドにアプローチしていく

楽しくて夢のある 実写のコメディですが、

水に濡れたり、日が暮れると 人魚に戻ってしまうとあって、こちらまで ひやひや

「女の子って 楽しいものだな」と 改めて思いました



この映画の中では わがままなのに 人魚が人間に大切にされていたけど、
それは 無邪気で正直で 優しいところもあったからだなと 感じました





どうして猫は 尊重されるのか

20180807yosi2 (300x169)


へへへ、何か 自分の内側の感覚に集中しているような なる君は
パワーチャージ浄化せっけんをお頼みくださった 由美さん宅の 大切な男の子

野良だったり、もらわれて来たりしても、あっという間に 王様のようにふるまうことが
できる猫さんたちは 尊重される極意を 生まれながらにして 身につけているよう


気まぐれで、無理に喜んだり 付き合ったりせず、
ひたすら 心地良さを求めていくけど、たまに 思いっきり遊ぶし、

自分が伝えたいことがあれば コミュニケーションをとり、甘える

結局 自分のペースを 崩さないことで 周りを従わせている

なかなかの戦略家です





言わないことは 聞かない

20180912idumi4 (500x300)


これは 遠隔ヒーリングをお受けくださった いづみさんにいただいた空

きれいですね~

浄化力の強い空です


神様に 「人から尊重されるには どうすればいいですかね」と 尋ねたら
「黙る」と 言われて、ちょっと びっくりしましたが

秘密を漏らさず、言わないことは聞かず、というようなことが 相手を尊重することで、
それを こちらがすることで、相手からも尊重されるし、

あまり 自分のことを たくさん 一方的にしゃべって 相手の中に押し入っていく感じの
アプローチがあると、疎ましく思われて、軽視されがちになるだろうなと 思いました


仕事では 質問せざるを得ない場面が多いから 仕方のないことですが、
プライベートでは「言わないことは 聞かない」ぐらいが いいのかもしれません


まず心を傾けて 心を感じながら「聴く」ようにして、あなたが 尊重したい人を尊重し、
尊重されたい人からも「尊重された」と感じるような 一日を 過ごせるといいですね


コメントの投稿

非公開コメント

No title

まさしく、今私がテーマとしている「人から尊重されるには、、」のアドバイスを頂きどうもありがとうございました。

コミュニケーションの方法大事ですね。言わない、聞かない。

私は最近、「もっと受け取ってもいいんだ。」と思うようになりました。
今までは、時々ぞんざいに扱われたり、認められなかったりした時、自分には受け取る価値がない、、みたいな気持ちが根底にあった様に感じます。

でも、「受け取ってもいいんだ」と思うと良い事も起こります。
人が人と尊重し合えば、争い事は起こらなくていいのにな~と思います。

受け取るに値する自分


ま さん、「もっと 受け取ってもいいんだ」と思われたのですね。

確かに、褒められたリ、愛されたり、認められたリ、好かれたり、高い報酬をいただいたりしたときに、素直に「ありがとう」「「うれしい」と感じて それを表し、変に「お世辞か」「下心か」などと 考えすぎないほうが お互いが 気持ちがいいですよね。

そして、ま さんが ご経験なさったように「自分には受け取る価値がない」という 思い癖を 手放すことは お互いのステージを上げていくような気がします。

特に 人生をレベルアップさせたい時には「私には 受け取る価値がある」と思って、臨んだほうが 歓びが流れ込む結果になるようです。

プロフィール

高坂 美紀(たかさかみき)

Author:高坂 美紀(たかさかみき)
カラーコンサルタントで
ヒーラー。

ヒーリング、カウンセリング、
パーソナルカラーアドバイス、
パッケージデザインアドバイス、
セミナー講師などで活躍中。

「人生を変える魔法の色彩
セラピー」をはじめ、
色と癒しの著作は34冊。

クリエスクールではカラーのプロ
養成講座「カラーヒーリング入門コース」
「カラーヒーラーとカウンセラー
の養成コース」の講師をつとめて
いる。

特に、離れたところにいる人に
光と念を送信したり、天使の
エネルギーを届けて癒す
「遠隔ヒーリング」では、
たくさんの人々を癒して
実績をあげている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
942位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
222位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR