猫バッグ

帯絞め

20170424ta2.jpg


古着屋で買った帯締めをチョーカーのように首に巻いてみましたら、
緩まず、程よい暖かさがあり、心地良いものでした






 猫バッグ

20170424ta3.jpg
 

古着屋で見つけた猫バッグを持っています

買うことは決めていたくせに、天使に「買っていい?」と聞いたら
「あとで つらさを感じる」とのこと、

「い~~や、な~~んの、軽いですよ」と反抗して買いました


その足でスーパーへ行ったら、3歳ぐらいの男の子に でっかい声で
「あ!猫ちゃんだーっ!」と叫ばれて(しまった、苦手な子供をひきつけてしまったか)

しかたなく「ねこちゃんだね」とお愛想


いかなる子供とも目を合わさないように、足早にスーパーを後にして、
公園まで来たら、

今度は 子犬を連れた5歳ぐらいの男女5人ものグループに遭遇(あちゃー)


案の定 女の子に「猫ちゃんのバッグ、かわいい~」と駆け寄られ
しかたなく「ありがと」

間が持たず、心で汗をかきつつ「わんちゃん、かわいいね」(これ、本音)
「まだ、子供なのかな」(コミュニケーションを発展させた)

すると同時に「大きいよ」「小さいよ」の声(おばちゃんは、そういうばらつきを容認できるよ)
どちらを採択して、話をつなげばいいのか?と思っていたら、

すかさず男の子が、私をまっすぐ見て
「おしゃれしちゃって、どこ行ってきたんだか、わかんないよー」

商売人のような、こなれた年寄りのような その言い方に たじろぎ
「ありがと、じゃあねー」と、笑顔をつくって 苦手な社交の場を後にしたのでした


あ、たしかに ちょっと つらい思いをしてるかも・・・・
でも、天使さんは「幸せのほうを数えて」とも 言ってくれてあったのでした

主人は「わっ!」と、子供らしい反応をしていました

ま、いろんな子に 騒がれても、猫を連れて歩くぞと 決めてみたところです





レメディ

20170424dai.jpg


これは、庭に自生している カラスのエンドウとマーガレットを台所の窓辺に飾ったところ

植物とともに暮らすと、優しい気持ちになりますね



長期遠隔ヒーリングをさせていただき、その間に何度も手術をお受けになられた方が
精神的なショックからか、麻酔や薬の影響か、食欲がもどらず、

娘さんがホメオパシー(超微量の植物や鉱物を高度に薄めた液体を使う療法)の
レメディを使って癒したら、食欲が戻りそうな 兆しがみえたそうで、

「良かった~」と、安心しました

何でも、やってみるものですね






 お遊様

20170409tz22 (500x375)


これは、電話カウンセリングをお受けくださった 多寿子さんにいただきました

紅白の入り混じる様が、愛らしいめでたさですね



先日、古いモノクロ映画で「お遊さま(おゆうさま)」というのを観て

おばあさんの印象しかなかった音羽信子という女優が 若い時代に、たいそう美しい娘で
あったことに驚きながら、文学作品のような味わいを楽しみました

見合い相手の女性を連れてきた、”未亡人である姉”のほうに一目惚れした、
早くに母を亡くした男が 姉妹の両方を想う気持ちを持ちながら 狂おしく過ごす半生を

描いた作品で、

姉を立てる妹、
夫が死に、息子まで死んでも、世間体を気にして、妹の夫になった男から離れる姉、

同居しながら、妻の希望で、本当の夫婦にならずに暮らす男など、
さまざまな しがらみに 縛られ続ける人の性が 悲しいような 美しいような後味でした






サラエボの花

20170423tz3 (500x375)


これは、パワーチャージドリンクをお頼みくださった多寿子さんにいただきました

何から何まで、完璧な美しさに、「カーテンとワンピースを この柄にしたい」と思いました



先日「サラエボの花」という ユーゴスラビアの内戦で、心の傷を負った女性と
その娘の 葛藤を描いた、女性の視点からの 反戦の訴えを感じる映画を観ました

敵の兵士に犯されたり、同じ苦しみを持つ人が集まるサークルで
悲しみのエピソードを話して、聴くことで、互いに癒す時があったり・・・


サラエボがどこにあるか、何年に内戦があったのかさえも記憶しないで過ごしてきた
私と夫にとっては、映画をきっかけに インターネットでおさらいするような状態でした

きっかけが何であれ、知ることは 愛の始まりですね






 クリーム色

20170417tz4 (500x375)


これは「パワーチャージ浄化せっけん」をお頼みくださった 多寿子さんにいただきました

桜も 現実には 葉桜が多くなりましたね



長期遠隔ヒーリングをさせていただいている、いくつかの過敏症がある方が
サポートに来てくださる方に、木綿のブラウスを作ってもらえることになり、

無邪気になれるクリーム色の生地を買ったそうで、
なんて幸せな変化でしょうと、うれしくなりました


クリーム色は、様々な心因性の不調のほか、疲れて寝込みやすい日々に悩む方の
心身の調子を良くしていく色です

シルク、木綿、麻、ウールなどで 気に入る「クリーム色」の服を見つけたら”買い”ですよ


「猫バッグ」ではなくても
あなたも ご自分のテンションを上げるような”楽しいもの”と 出会えるといいですね


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高坂 美紀(たかさかみき)

Author:高坂 美紀(たかさかみき)
カラーコンサルタントで
ヒーラー。

ヒーリング、カウンセリング、
パーソナルカラーアドバイス、
パッケージデザインアドバイス、
セミナー講師などで活躍中。

「人生を変える魔法の色彩
セラピー」をはじめ、
色と癒しの著作は34冊。

クリエスクールではカラーのプロ
養成講座「カラーヒーリング入門コース」
「カラーヒーラーとカウンセラー
の養成コース」の講師をつとめて
いる。

特に、離れたところにいる人に
光と念を送信したり、天使の
エネルギーを届けて癒す
「遠隔ヒーリング」では、
たくさんの人々を癒して
実績をあげている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
576位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
106位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR