童謡

 子供心を満たす服

20170123ta.jpg


例えば女性ですと、ピンクやクリーム色などは、子供心を満たす色だと思います

そして、袖口が膨らんでいるシルエット、
リボンがついている、といったディティールも、子供心を喜ばせる細部だと感じます


もしも、優しい気持ちをもって生きたいとか、
がむしゃらに 自分を削るように仕事をするのではなく、

ゆったり穏やかな気持ちで、競争せずに働きたいと思うのであれば、

誰もが 子供心を満たす「かわいい」と思えるような服を身に着けるとよいと思います

男性は「楽しい」服がいいでしょうかね


ふわふわの素材、ナチュラルな素材、柔らかな肌触りなど、意識してみませんか

アニメ柄、フルーツ柄なども、いいかもしれませんね

似合わないとか、恥ずかしいと感じる人は、全部を「かわいい」服にせず、
どこか一点を 子供っぽくするといいと思います

それも 恥ずかしいという人には、パジャマがお勧めですよ






 みかんの花咲く丘

20170106yatu2 (263x350)


これは、遠隔ヒーリングをお受けくださった多寿子さんにいただいた、ヤツデの花

地味だけど、愛らしい花ですよね

ある商工会議所で講演をさせていただいた時に、そこで働く女性が 私をもてなすために、
コップに入れた この花を飾ってくださったことがあって、うれしかったです



ちょっと つまらない時、がっかりした時など、ふと、童謡を口ずさんでいることは
ありませんか

あるいは、悲しい時に ラジオやテレビから流れてきた童謡に 慰められたことは
ありませんか



私は 「みかんの花咲く丘」の情景やメロディが好きで、一人で炊事をしながら
歌うこともありますが、

いつも、歌詞の最後のほうにある「やさしい母さん 思われる」というところになると
歌えないのです

私にとって母は、「悲しみを与える存在」だったからなのか、
母さんに「やさしい」の形容がつくと、とたんに 喉が詰まったようになります



ともあれ 明治から昭和にかけて、力のある作詞家、作曲家によって、
子供のための 童謡と呼ばれる 完成度の高い楽曲が、

美しい歌詞とメロディによって、紡ぎだされ、小学校の教育などを通して
歌い継がれてきたことは、(世界でも稀なことらしいですけど)

素晴らしい日本文化だと思いませんか






 親 亡きあとに

20170121mamikitto (250x214)


これは、パワーチャージ浄化せっけんをお頼みくださったMさんが、
職場で、たくさんの仕事を抱えて 一人で残業をしていた時に、

別の部署のお友達が 差し入れをしてくれたチョコ

慰められ、励まされたでしょうね



先日の電話カウンセリングでは、お父様が急にお亡くなりになり、
今までのように がむしゃらに仕事をしていくのが嫌になって、

辞めようかなと 思い始めた方に

神様にお聞きしながら

「3月末で辞めると、うれしいほうへ行ける」
「その会社に 居続けても、安定して長く勤められる」などと、お伝えしました


この方に限らず、親を亡くした後というのは、
誰にとっても、自分が生まれる前に決めてきた学びに 本格的に取り組む 

山場になるのだそうです

そして、片親にせよ、両親にせよ、親を亡くすたびに、
それまでよりも 一段 「穏やかになる」ことを会得する時なのですって






居酒屋兆治

20170116tz1 (350x263)


これは パワーチャージドリンクをお頼みくださった 多寿子さんにいただきました

ほかの草花が枯れても 咲いている菊の強さが 美しいです


先日 「居酒屋兆治」という、昭和53年頃の映画のDVDを観ました

今は亡き 主演の 高倉健さんの、不器用でまっすぐな男の優しさと、
大原麗子さんの、切ない声と、愛らしい目と、

ちあきなおみさんの、はまりすぎている ホステス役に 見入って、

あまりにも豪華な出演者たちに びっくりしながら、
「携帯がない時代の恋愛の、もどかしさと 狂おしさ」を思いました






 猫つながり

20161211由美14 (197x350)


この子は、電話カウンセリングをお受けくださった由美さん宅の ねねちゃん

胴体だけ納まったというか、まるで 箱に落ちたようになっていて、
「いいんかい、それで」と、突っ込みたくなります



作曲者不詳の「猫ふんじゃった」から、「トムとジェリー」「黒猫のタンゴ」まで、
猫がらみの楽しい楽曲も多いですね

私は、ミュージカルのCATSの中で歌われる「メモリー」というのが
なんとも言えず 魂の奥に届く感じで 感動したのを覚えています

老いた猫へ捧げる歌のようですが

過ぎたことの悲しさや、どうにもならないことの哀しさのようなものが
慰められ、洗われていく感じがします






 子供の歌声 

20160904tz4 (500x375)


これは「天使の羽」をお頼みくださった多寿子さんにいただきました

鳳凰の尾羽のような、動物のしっぽみたいな、楽しい雲ですね



童謡を歌う子供の声というのは、とても張っていて、
時々、息つぎが苦しそうだったりするけど、いっしょうけんめいなところがかわいいですね

子供の歌声に癒されるのも、時には いいかもしれません


フランス語では、日本語の「にゃんにゃん」に相当する 猫の子供っぽい言い方が
「ミミ」だと 聞いて、

フランス語は 分からないけど、
「ミミって 可愛いな」と ちょっとフランスに対する親しみが増しました


あなたの好きな童謡を思い出して 口ずさみ、
ちょこっと癒される一日になるといいな と思いました



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高坂 美紀(たかさかみき)

Author:高坂 美紀(たかさかみき)
カラーコンサルタントで
ヒーラー。

ヒーリング、カウンセリング、
パーソナルカラーアドバイス、
パッケージデザインアドバイス、
セミナー講師などで活躍中。

「人生を変える魔法の色彩
セラピー」をはじめ、
色と癒しの著作は34冊。

クリエスクールではカラーのプロ
養成講座「カラーヒーリング入門コース」
「カラーヒーラーとカウンセラー
の養成コース」の講師をつとめて
いる。

特に、離れたところにいる人に
光と念を送信したり、天使の
エネルギーを届けて癒す
「遠隔ヒーリング」では、
たくさんの人々を癒して
実績をあげている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
378位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
69位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR