テレパシー

 テレパシー

20160622ta.jpg


不思議な夢を見ました

上下が白い服の、男性のように見える 知らない人が目の前に立った時に、
何もしゃべっていないのに、

その人の 感情やメッセージが、言葉を介さずに 分かったのです

そして、自分が考えたことや、心のわずかな変化も、即座に相手に伝わっていることが
分かりました

その時に、今まで 感じたことのないような安心感と、喜びが沸いてきたのです


たくさんの小鳥の声がとてもリアルに聞こえていて、半分 目覚めた頭で
「もう、夜明けなのかな」と思いつつ、

「あの人は、地球人だったのだろうか?」などと 考えていましたが、
時計を見ると午前3時で、外は雨だったのです

とうてい、鳥が あんなに たくさん 庭に 来そうもないのに



朝になって、イエス様から「ハートのチャクラをひらきなさい」という
メッセージを受け取り、

「求めるものはすべて、愛を送り、愛を受け取るために、心をひらいた時に訪れる」
という教えが 届きました

「自分では 閉じているつもりはなくても、人を恐れていたりするのかもしれない」と
新たな学びの扉を開けたような気がしました






 傷つけた人を許す

20160612aya25 (169x300)


これは、カラーヒーリング入門コースでも学ばれた彩さんにいただきました



毎日ではないですが、ふと、以前に ひどいことをされたと、自分が感じている相手の
ことが 思い浮かぶことがあります

「記憶があるんだから、しょうがないでしょ」と思ってきましたが、
次の段階の幸せ、次の段階の貢献のためには、

「傷つけた人を許しなさい」と、繰り返し 天界から言われます


親兄弟、お金、心、体、仕事の機会など、たくさんの傷が 誰にもあると思いますが、
その傷を与えた相手を許すことで、

誰にでも 幸福感、健康、豊かさが 流れ込む道が開くものらしいですよ






 すべての人に対して

20160424tomomi15 (238x300)


これは、トータルカウンセリングをお受けくださった智美さんにいただきました

道路わきの植え込みで、公園で、ずっと人を癒しているツツジに
光を当てたいと思いました


天界の教えの 「愛を与えることと、愛を受け取ることに 心を開く」って、
恋人や家族とか、 憎き相手に対してのことかいな~と思っていましたが、

どうも、そうではなくて 「すべての人に対して」のことのようです

構えず、怖がらず、恩にきせず、見返りを求めず、どう受け取られるかを考えすぎず、
過去のことにとらわれず ってなところでしょうか


天の助けは、愛のエネルギーだから、それを受け取る準備ができていなくって、
窓口となるハートのチャクラ(感覚としては、心の奥かな)を閉じていたら、

愛の宅配を受け取れないみたいなことなのでしょうかね






 頻繁につながる

西村裕美飯能生活の木2 (350x233)


これは、カウンセリングをお受けくださった にしむらひろみさん にいただきました

飯能にある「生活の木」の庭園のハーブらしいです

細やかな愛を感じました



よく、天使や女神から指導があるのは、
一度だけ真剣に長く祈るよりも、繰り返し、何回も、天界とのつながりを持ち、

話しかけたり、感じようとして受け取ったり、祈ったりすることがいいということ


自然の中に神が宿ると考えて、神を見る思いで自然を感じたり
寝室などに、聖なるイメージの きれいなスペースを作って話しかけたりして、

ひんぱんに 天界とつながることは、天の愛をたびたび 受け取ることになります


その時に、神の加護や、自然の癒しが 多くの人にいきわたるように願っていけば、
愛を与える(発信する)ことになります


あなたも、習慣の中に「天界とつながる機会」を多くして、愛を感じて(受け取って)、
愛を出して(自分の外に出していき、地球を包むイメージ)みませんか

新しいピンクのエネルギーを受け取って、中のピンクを外に出す感じです






 飛び交っています

20160613tz9 (450x338)


これは、電話カウンセリングをお受けくださった多寿子さんにいただきました

「笑っていると、うまくいくよ」という 手紙が届いていますよ



空には、電波や 生きている人の思い、亡くなった人からのメッセージ、
天使やマスターからのメッセージが 飛び交っています

正しいかどうかなんて、考える癖をなくして、自分なりに感じていけばいいのです


あなたの無意識がそれを選択して、受け取ったのですから

受け取ったものが、必要なものというわけです


テレパシーの送受信の練習は、空や鳥、自然から メッセージを受け取ることで、
できそうですね

あなたが、テレパシーの感度を 上げて、 この世と あの世で、あなたのことを
想ってくれている人のことを 思い出せる日になるといいな、と思いました

コメントの投稿

非公開コメント

ご無沙汰しております。
仕事をしながら天使業続けております。
「ハートのチャクラをひらく」
私にとってずっと課題でした。
イエス様の教えと、美紀先生の言葉で
そういうことだったのかと、
大切なことを教えていただきました。
涙が込み上げてきたのは、私の魂に届いたからだと思います。
ハートのチャクラ、恐れずに開いていきたいと思います。
ありがとうございました。

ハートのチャクラ

尚子さんも、ハートのチャクラを開く課題に取り組んでいらっしゃったのですね。

ブログがお役に立てて、良かったです。

魂が、気づきを喜んだのでしょうね。

No title

『ハートが開いている状態、どんな感覚なのかな?
具体的に、どうしたら開くのだろう?』と、
(きっとハートが閉じ気味であろう)自分にとって
探るテーマでした。

愛を送り、愛を受け取ることを感じてみます。

先生、ありがとうございます。




ハートを開く

よし穂さんも、ハートのチャクラを開くことに関して、模索中でいらっしゃったのですね。

私も、学びの途中ですから、偉そうなことは言えないのだけど、好きになった人が、相手も自分を好きって、分かってからしばらくの間は、(悲しい思い出がないうちは)ハートは、その人に会ったら「全開」だと思うし、

可愛がっている犬や猫に対して、たいていの人間は、ハートを「全開」に できると思うのですけど、

それを 出会うすべてに、見聞きするすべてに、しかも、仕事をしながら、貨幣経済の自由競争の中で、肉体を持って・・・ですから、

原理は簡単だけど、完全に 無意識なぐらいの 行いになって、しかも、「自分は愛を持って接しているのに」と思わずに やるというのは、なかなかの そびえる山に登るようなことだと思います。

だから、少しずつ、上手になろうと思って、ゆっくり取り組むといいかもしれません。

お互い、ぼちぼち やりましょ。

すごく分かりやすいです

私、生き物が大好きなのですが
その子達と接する感覚がハートを開いてる状態ですね!
だとしたら、人に対しては閉じ気味です(汗)
私も、ぼちぼち向き合います。

調べても調べても
体感って分からなくて手探り状態でした。

先生、ありがとうございました!!!

受け入れてもらえなくても 愛している

よし穂さんも、動物さんが お好きでしたか。

私も、ひっかかれても、せっかくあげた刺身を残されても、シーツが汚されても、猫に対する愛は変わらないので、共感できます。

本音でしゃべれるし、相手の不機嫌を怒ったりしないですよね。


そういえば、映画「美しき緑の星」の中でも、天使のような、波動の高い人に会って話した、気難しかった不機嫌な人たちが、

急に 優しくて思いやりがあって、かっこつけなくて、素直で、正直で、自然や動物が好きな、ハートが開いたような状態の人になって、

木に抱き着いたり、アスファルトで はだしになったり、パートナーに、「自分は本当は大ばか者なんだ」と 弱さを認めて、相手の行動の混乱を許したりしていく シーンがあるのですが、

ああいうふうになれたら、きっと 天使に褒められるような、ハートを開いた状態なんじゃないかと 思います。

No title

先生、美しき緑の星観ました!
あの素敵な人達、存在しそうだなぁと感じました。

ハートを開く状態がわかった気がします。
ただ、動物と接する様なその状態の私を他人に見せた時
受け入れてもらえないかも知れないという恐れがあると感じました。

でも、少しずつありのままで生きる勇気を持ちたいと思います!
おかしい人でもいいや〜と開き直り、私から始めたらいいのですね(笑)

この数日間で随分と気づきました!
先生、ありがとうございます。



美しき緑の星

よし穂さん、とうとう「美しき緑の星」を、ご覧くださったのですね。

私がお礼を言うのもへんな話ですが、私の 感想を信頼してくださって、ありがとうございます。

本当に、あの素敵な「緑の星」の自然と、そこに暮らす、純粋で強いエネルギーの人たちは、「地球の可能性」であるような気がします。

確かに、ある意味、素でいくことは、馬鹿にされたり、怪訝な顔をされたりしかねないですね。

でも、私は それでも、毎日 頭に花をつけて、ゴミを拾って、エンジェルカラーカードを手に、スーパーでお買い物をしています。

まだ、肉も食べて、たまにビールも飲んで、コーヒーも飲んでいるから、精進している人からみたら、まだまだなのは、承知していますけど。


よし穂さんは、受け入れてもらえなかったら嫌だし、嫌われたら怖いと思う大切な人がいらっしゃるのですね。

私は、それは、無いんです。

どう感じるかは、相手の自由だし、感受性が育つまでは、分からないことが多いのが 人間だから。

だから、いいとか、悪いとかじゃないんですけど、「あの世へ戻って、本当の私を知ったら、どう感じるのかな?」と、にやりとします。

一部の人が思っているほど、立派じゃないけど、ある人が思っているほど冷たくはないし、別の人が思っていたほど、利己的でもないぞって、いろんな自分の面を 面白がっているのです。

心を開く度合を、狭くする自由もあるし、相手によって変える自由もあるけど、きっと、誰にも同じように、開いていけたら、穏やかで すがすがしく、優しく、そして強い人になるのでしょうね。

私は「美しき緑の星」を2回見て、二回目は、現代の地球人にも、愛をもって見られる気がしました。

気持ちの悪いことに 必死になっている人間が そうなった歴史に慈悲を持ちたいというような感覚です。

それは、自分の進化でもあり、堕落でもあったから。


他の人の感想も楽しみに待ちましょうね。
プロフィール

高坂 美紀(たかさかみき)

Author:高坂 美紀(たかさかみき)
カラーコンサルタントで
ヒーラー。

ヒーリング、カウンセリング、
パーソナルカラーアドバイス、
パッケージデザインアドバイス、
セミナー講師などで活躍中。

「人生を変える魔法の色彩
セラピー」をはじめ、
色と癒しの著作は34冊。

クリエスクールではカラーのプロ
養成講座「カラーヒーリング入門コース」
「カラーヒーラーとカウンセラー
の養成コース」の講師をつとめて
いる。

特に、離れたところにいる人に
光と念を送信したり、天使の
エネルギーを届けて癒す
「遠隔ヒーリング」では、
たくさんの人々を癒して
実績をあげている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
429位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
82位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR