何度でも

 自分に花束

20160407ta.jpg


毎朝、トイレか玄関か食卓の上の花を持って写真を撮っていますが、
白いスカートだと、”半分の嫁”(そんなのありか?)みたいです

ちょっと気持ちの持ち方が「良いほうに変わったな」という日とか、

気になっていた片付けができた日とか、そういう何気ない、
自分だけが分かる”お祝い”の日に、自分に花束をあげるつもりで、

少しの緑と少しの花を買って帰るようにすると、
家の気もよくなって、お花と一緒に妖精さんも来てくれたりして、(見えなくても)

いいんじゃないですかね






 4月7日 天使のエネルギーヒーリング

20160407haru3 (281x500)


この、素晴らしい光の帯が写っている画像は、
カラーヒーラーとカウンセラーの養成コースで学ばれたはるさんが

新潟県 長岡市の柿川で お撮りくださったもの

観音様の浄化の光が届いていて、心の傷を癒して、すっきりと
「次のステージ」(意識レベルが違う、上の段階での経験をするということ)

に行けることを祝福してくれています

桜も川も光も、ありがたいやら、見事やら

この帯を延長してくれたら、天界に行けそうですね




20160407haru柿川1 (281x500)
  
同じく、カラーヒーリング入門コースでも学んでくださったはるさんがお撮りくださった
桜と柿川と光

なんて すてきな 光の架け橋でしょう

美しく、優しくなれる光です



4月7日は新月ですから、「天使のエネルギーヒーリング」を行います

こうして 何度でも 浄化して癒して、よきエネルギーを注いで というのを
繰り返すことが、良いほうに変わり続けて 健康に 幸せになることなんです

詳しくは、昨日の予告をご覧くださいね




20160407haru5 (281x500)


これも、遠隔ヒーリングをお受けくださった はるさんから いただきました

桜にかぶるように 大きな白い光があって(ぼやけて見えるところ)
道路の上に ピンクの弧を描く光があって、
水面に 黄色と黄緑の、傘か矢のような光があって、にぎやかですね

これらは、体と心と人間関係を癒す光です

はるさんの おかげで 一足先に「天使のエネルギーヒーリング」
受けられたような感じです

はるさん、ありがとうございました

このブログの画像は、すべて(特別な光のあるなしにかかわらず)
読者様の癒しになるように 天界のサポートをいただいているので、

ご入院中の方、ご闘病中の方にも、ご覧いただくといいですよ






 エネルギーをハートに持っていく

20160406tz5 (500x375)


これは、電話カウンセリングをお受けくださった多寿子さんにいただきました

巨大な”吹き出し”のような雲が イルカの頭みたいで可愛いですね



大天使ミカエルをはじめとする多くの 天界の存在が、
「エネルギーをハートに持っていくように」と、繰り返し 繰り返し 人間に

呼びかけています


これは、頭で考えず、心で感じなさいということ
理屈や、他者の評価や、知識よりも、

感情、フィーリング、胸のチャクラで受け取る愛、魂(心の奥)が喜ぶことを
尊重し、大事にしなさいということ


上の写真を、頭で受け取ると「白い雲」というモノなんですね

心で受け取ると「楽しんで」というエネルギーなんです


大事なことを 何度でも 伝えてくれる 天使や女神の根気強い愛に、
スピリチュアルティーチャーとしての理想を見る思いがしています



天使のエネルギーヒーリングも、何も考えず、心で感じるか、
眠って(一番良い受け方です)お受けくださいね



なんでも頭で受け取る人は、すぐに、見えたものと聞こえたこと、情報に
反応して「頭にきた!」と なりやすい傾向がありますが

心で受け止めると「何か、辛いことがあったんだろうか」という慈悲が
生まれるような気がします



ブログで、テレビで、本で、・・・・何度でもあなたの心に届く ”気になるメッセージ”
があるかもしれませんね

桜も、おしゃべりですよ

心で話しかけてみてください
心に”お返事”が届きます

コメントの投稿

非公開コメント

宇宙船の夢

多寿子さんの雲の写真、大トトロの後ろ姿みたいで可愛いですね。

今朝方、強烈な感情を残す夢を見ました。

詳細は説明がないのでよくわかりませんが、感覚として、どうやら「宇宙船」に大勢で乗っている様子。
同乗者は、はっきり覚えてはいませんが、なんだか見覚えのある、懐かしい人たちばかり。みんな絶望しているんです。
なぜかというと、「自分がこれから死ぬ」とかそういうレベルではなく、もう地球で生まれ変わることはない、もしくは地球は終わります、というような「終わり」を告げられ、みんな宇宙船に乗せられ、どこかへ向かっているんです。

悲しいとか悔しいとか、運命に不満を言うとか、そういうことは一切ないんです。もうただ「諦める」という感覚。
テーブルの上に何か載っているのを、片づけようか、一瞬迷って、「でも、そんなこと、もう意味ないから」ってさみしく笑う自分もいるんです。未来がない、という感覚です。
無重力なのか、たまにフワフワ浮いている人もいて、一応、その船の中でみんなを引率するような役割の人もいます。私もどうやら引率者の立場のようで、列になって廊下のようなところに並んでいる人たちの中から、区切って、誰かの手を引いて、別の部屋に案内しています。途中、見覚えのある若い男性が、私の手をつかんで一生懸命キスするような素振りがありましたが、「だからどうしてほしい」ということではないようで、とにかく絶望しているんです。どうすることもできず、ただ表現したいだけのようです。

みんなを連れて行った先の部屋の前で、部屋から出てくる人とすれ違うのですが、なぜかみんな、嬉しそうに出てくるんです。

私の中に「まさか、そんなことないよね。でも、もしかして・・・」というかすかな希望が芽生えて、どうやら、「地球は終わらない」のか、「これは夢なんです」なのか、「もう一度、地球で生きられるよ」と言われたのか、とにかくそういうことを、部屋の中で宣告されているようなんです。

映画のエンディングテーマみたいな歌が、はっきりと耳元で聴こえていて、物語が終わるんだと思ったところで目が覚めました。歌のタイトルはたしか「ENDLESS STORY」伊藤由奈さんという歌手の歌です。

歌が、はっきり聞こえる夢なんて初めてです。

目覚めて、こらえきれず、泣きました。
鼻水もずっと止まりませんでした。
悲しいのか、嬉しいのか、感動なのか、わからないけど、「泣きたい」という感覚でした。「安堵」という感じかもしれません。

天使のエネルギーヒーリングの前ですが、これも準備の一環かなぁとか思っています。
あまりに強烈だったので、コメントに書かせてもらいました。細かく長くなりました。

ヒーリング、楽しみにしています(*^-^*)

塩撒き

まさん、お風呂場に あら塩を撒いて、なおかつ あら塩を浴槽に入れて お入りになられたのですね。

それは、最上級の浄化ができました。

この、塩撒き、お風呂場だからできる浄化ですよね。

毎週なさったらいいですよ。

浮いている人たち

はるさん、映画のような夢をご覧になって、感情を出すことができて良かったですね。

何らかの別れ、無力感、先の見えなさ、終わりを気になさっていらっしゃったというベースがあって、恐怖感や行き詰まり感を祓って、元気に幸せになるために、祝福として見せてもらった面があるのかも・・・・と感じました。


すべての星は、いつか 終わりを迎えますし、地球に生まれ変わらなくても、魂は宇宙のどこかで生き続けるとしても・・・・、「未来がない」という感じは、夢でも、ショックでしょうね。


おとといぐらいに、私の娘も印象的な夢を見ました。

家の隣にある公園で、多くの人が宙に浮いていて、「終わった」「やったね」「良く生きた」というような感情を持って 笑っていたそうです。

家族や友人と分かる人ではなく、知らない人だったようでした。

娘も一緒になって 浮いていて、苦しいとか悲しいとかではなく、「死んだんだな」「これから上に上がるんだ」と思っていたそうです。

そういう日が来るのかどうか、私には わかりませんが、それを聞いた時の私の感情は「静かで優しい」ものでしたから、天にゆだねましょうと思いました。

今生に対する希望

先生の娘さんも、浮いている人たちが出てくる夢をみていらっしゃったんですね。

私の恐怖感の底にあるものは、小学生の頃から考えていた、自分の死後、自分はどうなるのか、とか、生まれ変わらなかったら自分ってどうなるんだろうとか、そういう恐怖だと思います。

「何にも無い」とか、そういうことに対する恐怖かと。

さっきコメントを書いて、先生のコメントを読んで一つ思い出しましたが、私が今朝の夢を見て一番強く感じたのは、今生に対する希望のようなものです。

「終わっちゃう」って思ってた間の絶望から、「終わらないんだ」って思った時の、あの喜びは、「生きる喜び」っていうやつだと思います。

「終わらない」宣告を受けた人たちはみんな生き生きして、「好きなことをやるぞー!」って、預金通帳を手にしていた(笑)んです!
みんな、お金を貯めるより、好きなことやるぞ!っていう感じでした。

思いっきり生きてやろう、というような覚悟の夢ですかね。

こうやって書いてみると、わからないようで、実はわかりやすい夢でもあったようです。

思いっきり生きてやろう

はるさんの夢で、人生が終わらないことになった人が、通帳を片手に思いっきり生きてやると思っているところが、やけに 生々しくて、面白いですね。

私も、死にかけたけど 死ななかった20歳の時に、何をやるかは、分かっていないけど、これからは「思いっきり生きてやる!」と強く思ったことを覚えています。

そう思うと、死にかけるのも、導かれて目覚める 最高の経験なのかもしれません。
プロフィール

高坂 美紀(たかさかみき)

Author:高坂 美紀(たかさかみき)
カラーコンサルタントで
ヒーラー。

ヒーリング、カウンセリング、
パーソナルカラーアドバイス、
パッケージデザインアドバイス、
セミナー講師などで活躍中。

「人生を変える魔法の色彩
セラピー」をはじめ、
色と癒しの著作は34冊。

クリエスクールではカラーのプロ
養成講座「カラーヒーリング入門コース」
「カラーヒーラーとカウンセラー
の養成コース」の講師をつとめて
いる。

特に、離れたところにいる人に
光と念を送信したり、天使の
エネルギーを届けて癒す
「遠隔ヒーリング」では、
たくさんの人々を癒して
実績をあげている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
428位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
85位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR