やってみたいこと

 日替わりチャネリング

20160212ta.jpg


誰でも、心からやってみたいと思うことに時間を使うようにすると、
気が済んだ子供のようになって、すっきりするものです


あなたは今、何を 心からやってみたいと思いますか


私は、日替わりで、これまでにあまり親しくしてこなかった存在と交信するようなことを
してみたいなと思っています

いわば、日替わりのチャネリング


私は守護霊を呼び出したり、天界の存在の姿を見たりしながらの交流はできないので、
心に届くメッセージや、エンジェルカラーカードを使って得るメッセージを

読み解いていくにすぎないのですが、

これからは「如来」や「菩薩」「明王」といった、日本でも親しみのある存在との
交流も楽しみたいなと思っています


”エジプト時代の自分”とか、”江戸時代の自分の前世霊”との対話も楽しいかもと
妄想を広げていますが、どうなりますやら






 次のステップへの一歩


20140321ucyuujinsimweikoudou (250x166)


これは、ある人がワクワクするようなことをやっていけるようにするための
願いを叶えるために描かせていただき、

天使のエネルギーを注いで、神様にお聞きした「どうすれば叶うか」のアドバイス
を書いた手紙とともにお送りした「天使の羽」



昨日は、別の方のご結婚への願いを叶える「天使の羽」について、
天界と相談していて、

「女性の側から結婚したいという意志表示をしなさい」というアドバイスに、
ちょっとびっくりしましたが、

考えてみれば、女性から「あなたと結婚の意志あり」と伝えられて初めて
自信と勇気をもってプロポーズできる男性も多いのかなと思いました


人生を良いほうへ変えたい時、次のステップを 思い切りよく踏み出さないと
らちのあかないこともありますね






 直接 行って会って 人に学ぶ意味

20160207aya-mikan (169x300)


これは、カラーヒーリング専科で学んでくださった彩さんにいただきました

私は、ちょっと大雑把に食べたミカンの小袋を庭に撒いて鳥にあげているんですけど、
彩さんちは、フルに枝に刺してあげていて、優しいなと思いました

白い光のベールがかかった、彩さん独特のエネルギーが漂う画像が好きです


このミカン、見ているだけでは、味も触感も確かめられませんね

多くの仕事や学びも、そういうところがあると思います


ほとんどの知識は、パソコン一つあれば、いえ、スマホ一つあれば入手できる時代だけど、
それは経験とは違いますし、体得とは違う、スライスした一面にすぎない



たとえば、リアルに私に会って学んでくださる方は、雑談の中からも何かを得るし、
声やまなざしの愛を感じることもあるし、

知識でなく学び方を学んだり、訓練の仕方を全身のアクションや呼吸とともに体験して
会得したりするわけで、

直接 行って会って 本や画面でなく、人に学ぶことは、エネルギーをもらうことも含めた
豊かな経験の全部から学ぶことだと思います


4月から新しく何かを学びたい、何かを始めたいと思っていらっしゃる方も多いですが、
「リアル」をやってみたいのか、「知識」だけでいいのか、

心に問いかけてみましょう


ちなみに、高坂美紀の無料体験セミナーは、3月6日(日)に東京の新宿で
14:00~16:00まで開かれます

よろしかったらクリエ・スクール(フリーダイヤル0120-162-872)に
ご予約のうえで、体感を楽しみに、お出かけくださいね






 やり残しは子供か、来世の自分がやる

20160208tz-take (350x263)


これは、電話カウンセリングをお受けくださった多寿子さんにいただきました

竹のさわさわって、いい音楽ですよね



「やってみたいことがありすぎて、なのに 年をとりすぎて、間に合わないよ~」と
焦る必要はありませんよ~

やり残しは、自分の子供がやるか、子供が居なければ来世の自分がやるか、
まるで自分の子供のように可愛がっている”いとこ”とか、弟子、部下がやるんです


「なんで私がやり残すことを見越して、私と同じか、それ以上の興味と適性を持つ子供が
私の人生が終わってないのに、生まれてくるのよ~」なんて、疑問に思わないでください

天界では、未来が見通せますから


例えば私は、画家 と 女優 と 小説家 と 占い師 と 治療家 
になりたかったんですけど、

上の娘はネイルアーティスト、下の娘はウェブデザイナーのち、イラストレーターを
目指しています

そして私の母は、着飾ってあちらこちらの町へ行ってみたかったのですが、
私は講演会で、全国各地へ行く日々を送りました

結局、自分でやったのは、本を書くこと、占いと治療を足したようなスピリチュアルな癒し、
そして、「天使の羽」の絵を描くことと、笑えるほどのエキストラ体験だけ(気が済んだ)


あなたも やってみたいことを、土日だけでも 始めてみたらいいんですよ、きっと






 本当は全部 やりたいようにやっている

20160209tomomi-ty (500x281)


この、五重の奇跡の光は、カウンセリングをお受けくださった智美さんにいただきました

「すべては ブループリントのままに」というメッセージがあるようですよ

ブループリントすなわち、「この世に生まれる前に自分が決めてきた人生のテーマ」、
「魂の計画」ですね


思うように働けないとか、好きな仕事で輝けないとか思っていても、
本当は、そういうふうに居ることを選択しているし、喜びよりも安心を選んだんですもんね

本当はみんな、やりたいように選択して、やりたいようにやっているんですよ

それに気づくと、不満という自己矛盾は、消えるのかもしれないです


あなたが、「やってみたいこと」を思い出して、
やるか、今はやらないでおくかを決められて、決めたのは自分だということに

納得できる週末になるように、緩やかに応援しています


コメントの投稿

非公開コメント

導き

先生、今日は私は「黒」の日でした。ランチにどこの店に行こうかカードで聞いて、「ラピス」だったカフェに入り、「予定通り」というように、ビックリする場面に遭遇しました。
お客さんの一人が、食事中に床に倒れこんでいて、救急搬送される場面に立ち会いました。
店員さんに、「ここは私が代わります」と言って、倒れている方に声をかけたりしてくれた女性がいて、「看護師さんだ」と瞬間的にわかりました。
以前、うちの祖母が家の外で意識を失って倒れた時も、通りかかった看護師さんが、車を止めて降りてきて、駆け寄ってくれたのでした。
祖父が外で転んだ時に助けてくれた女性も、今思えば看護師さん…のような気がします。

周りが慌ててしまう場面で、落ち着いて対応する姿は、素晴らしいです。
救急隊員の方も、仕事というと、必ず「緊急時」なわけで、そういう職業の方の冷静さは本当にすごいと思いました。


私はそのカフェで何ができたかって、ふさわしく運ばれるよう祈ることと「大丈夫」と安心すること、それと、私の隣でどうしようかと目を白黒させて戸惑っているお婆さんと少しの言葉を交わすこと、くらいでした。

人の命に関わる場面で、どうしてか看護師さんが居合わせるケースを何度も見て、天の導きと神の強い守りを感じずにはいられませんでした。

もちろん、今回のような咄嗟の場面で自分がもっと何かできればいいんですけど、できなかったとしても、きちんと守られているということを感じる、大きな出来事でした。

レスキュー

はるさん、大変な、しかし素晴らしい人たちを目の当たりにする場面に遭遇なさったのですね。

看護師、消防士、警察官など、レスキューにかかわる人の羽(見えない人が多いけど)がとても立派だと、見えるタイプの人から聞いたことがあって、妙に納得したことがあります。

そして、地上の天使たちも、そのような場面に遭遇することが多くなります。

まるで練習というか、実習のようです。

あなたは、どの天使の、どんな許可を得て、どの存在に、何を依頼すればよいか、あるいは神にどんなふうにお礼を言えばいいかが分かっていますよね。

そして、そんな日に、どこに何を身に着けて出かければいいか、習いましたよね。

今日のあなたの行動も、良かったと思いますよ。

ありがとうございま~す(*^^*)

みんな包まれているんですよ?
白っぽい光には(*^^*)

もしお撮りになりたい方がいらしたらですが、撮影時にモノに意識を集中しずきない事ですかね(* ̄∇ ̄*)
(工学的なテクニックはこの場では必要とされていないと思うので、別の切り口から(*^^*))

「この○○っていう綺麗な花を撮るんだ!」ではなく、何となく画面の構図だけ確認して気配が自分の好みにあった所でシャッターきると撮れるのではないかと(*^^*)

気配って何ですか?と問われるとしたら、…う~ん、空気感でしょうか…
一瞬だけ対象物と自分の間の空気が緩む瞬間があるのです。

禅問答のようにきこえるかもしれませんが(笑)、やってみると「あ~っ☆」と実感していただけるのではないでしょうか…(*^^*)

光とか撮られる方はシェアしていただける感覚なんじゃないかしら

よかったら試してみて下さい。(*^^*)

モノでなく、気配を撮る

彩さん、モノに意識を向けずに、気配や空気感みたいなものを感じて、好みのところで撮るというコツ、なるほど~と思いました。

何か、対象と言う別物を撮るのではなく、いっしょになるというか、包まれるような、お互いの間に生まれる雰囲気を取るような気持を持ってみると、ふんわりとした光に包まれた写真が撮れるかもしれませんね。

いつも、素敵な写真をありがとうございます。

いえいえ~(*^^*)

何故こんな撮り方レクチャーをいきなり書いたかと言うと、実はもうひとつ理由があります。

私がビジョンや何かメッセージを受け取る時の意識の状態と、この撮影タイミングでの有り様がとても似ていると感じるからです。(*^^*)

最近寄せられるコメントや画像から「メッセージや何かを受け取りたい」「最適化に向け一体になりたい‼」「願い通りの未来にしたい」など、とても強いメッセージを感じる事が多い気がします。

それ自体が悪いとか良いとか私が判断すべき事ではなく、そう願う方々をどうこういうつもりもないのです。

でも、「もう少し自分の気配を引いた方が受け取りやすい場合があるのかな…」と、勿体なく感じるときがあるからです。(*^^*)

何に対しても、消極的でいればいいと言う意味では決してありません。
しかし、強すぎる思いは、時として自分の願う姿通りでないと受け止めない事があるのではないでしょうか…?

最適化に向かうとき、思いもよらない事が起き、一気に進む事も多々あります。
それは時に最悪の事態を装ってくる事もあり、何かのタイミングで全てがひっくり返り、願っていた以上のスピードで最適化がなる事もあるのです。

もっと肩の力を抜いて(*^^*)
押してもダメなら退いてみな?です。
何かを取り込むには、まずスペースを作らないとね( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆


最適化

彩さん、ビジョンやメッセージを受け取るためのコツ、

そして、現実の世界を生きることと、スピリチュアルな世界を享受することのバランスをとるためのアドバイスをありがとうございます。


メッセージを受け取りたい、特別な光を見たい、思い通りの人生にしたいと、強く思いすぎるよりも、

いつでも、スピリチュアルな存在や光とともに在ることを信頼していたら良いのでしょうね。


自然に、思いもよらない出来事で、急に感受性が増すこともあるし、

どちらかといえば「最悪」と思える出来事に対処していく中で、「これがメッセージだったんだ」と分かるようになったり、

まったく疑うことなく「わかった」と信じられる度合が強まったりすることも あるということなのですね。


写真撮影では、特別な奇跡の光を撮ろうとしていなくて、何も考えず「撮りたい」で撮ったら、「写っていた」ことがある・・・・・という感じかな。


「最適化」と呼ばれる、現実とスピリチュアルな世界とのバランスが取れるようになっていくプロセスは、自然に導かれていくので、肩の力をぬいていたほうがいいのでしょうね。

「今の自分のありようが、今の自分にとって、”現在の最適な状態”を生きているということだ」と知ることで、

「うまく達成できない」と感じる焦り、自己否定をなくして、

「空っぽの受けとる心のスペース」をつくって、素直に受け身になっているぐらいの心で居たほうがいいのだなと、気づかせていただきました。

たとえ、向上し、幸せになろうとする欲求でも、あまりに強く求めすぎていくと、エゴの塊みたいになって、かえって 幸せから遠ざかり、自分を苦しめるものかもしれませんね。

ありがとうございました。
プロフィール

高坂 美紀(たかさかみき)

Author:高坂 美紀(たかさかみき)
カラーコンサルタントで
ヒーラー。

ヒーリング、カウンセリング、
パーソナルカラーアドバイス、
パッケージデザインアドバイス、
セミナー講師などで活躍中。

「人生を変える魔法の色彩
セラピー」をはじめ、
色と癒しの著作は34冊。

クリエスクールではカラーのプロ
養成講座「カラーヒーリング入門コース」
「カラーヒーラーとカウンセラー
の養成コース」の講師をつとめて
いる。

特に、離れたところにいる人に
光と念を送信したり、天使の
エネルギーを届けて癒す
「遠隔ヒーリング」では、
たくさんの人々を癒して
実績をあげている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
277位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR