活きる

 裏起毛タイツ

20151217ta2.jpg
 
裏起毛の厚手のタイツが温かいので、愛用しています

ただ、「黒」しか売っていないので、毎日 脚が真っ黒に・・・

羊のサフォークは、黒い脚が かわいいんですけどね~

それで、色を取り入れるためにも、その上から、毎日天使のおすすめ色の
カラータイツを重ね履きすることに

これで、シルエットもまあ、なんとかぎりぎり、すっきり

防寒用のレッグウォーマーや、太ももの途中までで終わるパンツは
リサイクルゴミに出すことにしましたら、タンスに隙間が生まれて、うっしっし

何を入れようかな~と、古着屋通いに、熱が入ります






 自分へのプレゼント

20150310jisinntanosikuannsinn.jpg


これは、ある方の願いを叶えるためにお描きして、天使や女神のエネルギーを入れて、
どうすれば叶いやすくなるかというアドバイス、天界への頼み方を書いた手紙と

共にお送りした「天使の羽」


12月になると、恋人や家族へのプレゼントを選んだりする機会があると思いますが、
何か一つ、ご自分へのプレゼントを買うということを考えて、実行すると、

インナーチャイルド(子供心)が癒されて、「愛されていない」「幸せではない」と
感じやすい心が癒されると思います






 活きる

20151128aya-akacha (169x300)


これは、カラーヒーリング専科で学ばれた彩さんにいただきました

落日のまえの、命の営みを感じます


昨日は、夫とのDVD鑑賞会で、チャン・イーモウ監督の映画「活きる」を観ました

1940年から60年代の中国を舞台に、賭け事におぼれて、大きな家を失い、
父母を亡くし、妻子に愛想をつかされた男が、

古道具を売って生き延び、後に 戻ってきた妻子と暮らすも、
戦争になって、命からがら逃げ帰り、

革命の混乱の中、価値観を強制的に変えられて、

最愛の息子を事故で亡くし、娘も死んで、
残った孫と、妻と、娘婿と生きていく、なが~~いお話

小説にはない(監督が加えた)、伝統芸能の、「影絵芝居」のインパクトが強く、
哀愁があり、滑稽さと人間臭さもまじって、素晴らしい味を出していました


話の内容以上にショックだったのは、1993年に発表された小説をもとに、
1994年に公開された映画が、いまだに政治的な理由で、中国の検閲を通らず、

中国では公開されていないという事実

中国はそういう国なのか・・・、中国の現実の一端を垣間見た思いがしました


生きる(生命をながらえる)ではなく、活きる(条約や知識が有効である状態)の字を
タイトルにあてたところに、

人間が生き残るために、才能や運命や、与えられたものを
活用していく逞しさと、目に見えない「縛り」が活き続ける世の中の姿を感じました



主人に「我々も、ずいぶん観たわね」と言ったら、
「そこで、工夫をしましてね」と、やけに声と胸を張って語り始めたので何だと思ったら

「”あ”から順にいきます。今”い”です」とのこと

これまで、以前に観たものを3本も、「この部分、忘れてるね」なんて
変な感想を言いながら 観たもので、対策を講じたもよう

「あ」で探したから、アメリカとか、アフリカとか、アンとか、続いたのでした(なんだかな~)

私たちは「わ」まで、行けるのかしらん






 優しさと親切さを活かす

20150222tz-cr2 (350x263)


これは、電話カウンセリングをお受けくださった多寿子さんにいただきました

枯れたアジサイも、その美しさを最後まで活かして、私たちを癒してくれています



20151207tomomi-ha (159x250)


これは、カウンセリングをお受けくださった智美さんにいただいた落ち葉

それぞれのペースで、自然から生まれて、自然にもどるのですね




20151210tomomi-ichou (250x202)


これも「天使の羽」をお頼みくださった智美さんにいただいた写真

一つとして同じ形のないイチョウの葉・・・・かわいいですね


写真のご提供者様は、みなさん優しく親切な方だと思います

そのような優しさと親切さを、みんなが活かし合うようにしていくと、
活かしきった人も、その恩恵にあずかった人も、幸せになれる気がします






 ぬくもり

20151206yosimi2 (350x227)


これは、パワーチャージ浄化石鹸をお頼みくださった由美さん宅の、
なる君(左)が、ねねちゃんに甘えているように見える図

自分の体の熱を、誰かを温めるのに活かすことができるって、
お互い、幸せなことですね






 曇り のち

20151201tz-ro (500x375)


これは、遠隔ヒーリングをお受けくださった多寿子さんにいただきました

曇っているようでも「祝福」の空ですよ

「生かされていることに感謝して、自分を活かす」というメッセージを受け取りました


人生にも、虚しさばかりで、生き甲斐を感じないような、ため息ばかりの時があると
感じます

それは、まるで、先の見えない曇り空のような世界ですね

でも、そのあとを「晴れ」にするか「雨」にするかを、風まかせではなく、
自分で選択できる部分が残されているところが、人生の面白さかもしれません


今日は、自分の良さを「活かしたな」と感じられる日になるといいですね

よく気が付く人、笑顔の人、思いやりがある人、陰ひなたなく頑張る人、
粘り強い人、みんな、素敵だと思います


コメントの投稿

非公開コメント

インナーチャイルドって、そういうことでも癒せるんですね
ネットで調べて自己流で車で叫んだりしてました

また1つ学べましたし、何かに役立てそうです
ありがとうございます

甘えさせてあげる

かずきちさん、コメントをありがとうございました。

車の中は、密室ですから、自分だけの秘密のヒーリングサロンですね。

叫んだり、言ったり、泣いたりしたあとに、「天使さん、車の中を浄化しておいてください。そして、私を癒してください」と言うと、愚痴と恨みと悲しみの車に、漬物みたいにならないで済みますし、そのほうが事故に遭いにくいですよ。

甘えさせてあげる、褒めてあげる、認めてあげる、好きにさせてあげる、ぬくもりを感じる機会があれば、言葉でも、過ごし方でも、飲み物や食べ物でも、人とのふれあいでも、すべて、インナーチャイルドの癒しになります。

さらに、バリエーションを増やしてくださいね。
プロフィール

高坂 美紀(たかさかみき)

Author:高坂 美紀(たかさかみき)
カラーコンサルタントで
ヒーラー。

ヒーリング、カウンセリング、
パーソナルカラーアドバイス、
パッケージデザインアドバイス、
セミナー講師などで活躍中。

「人生を変える魔法の色彩
セラピー」をはじめ、
色と癒しの著作は34冊。

クリエスクールではカラーのプロ
養成講座「カラーヒーリング入門コース」
「カラーヒーラーとカウンセラー
の養成コース」の講師をつとめて
いる。

特に、離れたところにいる人に
光と念を送信したり、天使の
エネルギーを届けて癒す
「遠隔ヒーリング」では、
たくさんの人々を癒して
実績をあげている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1097位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
225位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR