年賀状

 安否確認

20150107ta (286x400)


子供の頃に、父は毎年、多色刷りの版画をこしらえて、200枚~300枚ぐらいの年賀状を
出していましたが、80歳を超えた頃から認知症が進み、

しだいに絵柄が雑になり、字が乱れ、確か86歳ぐらいからは、入院を機に年賀状を出さなくなり、
89歳で亡くなりました

生きているか、死んでいるか、だけでなく、その人の心身の状態や、
人生の盛衰が現れるのが、年賀状だなと思いました


私は、いただいた賀状に返信する形で、その人に「今年使うとよい色」をお伝えしたりして、
少しでもその人の助けになるといいなと思いながら、年が明けてから、毎日20~30枚ぐらいを
手書きしてお出ししています

年々、メールの方も多くなりましたが、近況を伝えやすいメリットがありますね

こちらも、できるだけ いただいた日に返信できるように務めてはいますが、
一日に20通ぐらいを、仕事の合間にお届けしています

”後出しで、失礼な!”と思っていらっしゃる方も多いだろうなと思いつつ、
その人の近況を感じたうえで、神様にお聞きして、新年のサポートをしたいという
思いで、このスタイルを選択してきました






 もやもや対策

20150107ne.jpg


こちらは、時々、顔を逆さまにして、人の心の奥を覗きこんでいる猫さん


皆さんは、年賀状をいただいて、ため息が出たり、ムカムカしたり、みじめになったり
することはありませんか


赤ちゃん、家族写真、新しいお家、和服やドレス姿、海外旅行などの写真から伝わる
「幸せ」に、つい、わが身を顧みて、

あるいは「~をオープンしました」「~を出版」「~を始めました」といった、
前向きな自己実現や進展を伝える報告に、また、わが身の現実と焦りが押し寄せて

みじめになっている自分、嫉妬している自分を自覚してまた、へこむ


そういう時に、どうしたらいいのか、神様にお伺いしてみましたら、
「自分で、生まれる前に決めたことは、達成できる」
「自分の信念と、自分の野心と、自分の目的に向かうように」とのことで

どうやら、「人のことは気にすんな」みたいなことを、おっしゃっていただいたように感じました






 魔を祓う

20141103aya-pe (197x350)


これは、カラーヒーリング専科で学ばれた彩さんにいただきました

すっきり、優しくきれいで、かわいいですね



私は、メールでも、「気」でも、ハガキでも、相手に送る時は、
それが、白い矢のように、あるいは白い羽のように、

相手の空間にある魔を祓い、祝福するようなものでありたいと思っています

その究極は「遠隔ヒーリング」ですが、

最近、ご家族の健康のために遠隔ヒーリングをお受けくださったK代さんから、
ご報告をいただき、改めて 「天使さん、神様ありがとう!」と心で呟きました



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

息子のヒ-リング後のアドバイスを見させてもらいまして、
「将来 、美と癒しの方面でのお仕事・・・」とあり、
「 そうなんだあ~」と 親として楽しみになりました(^_^)

ゲームやテレビの事は、「高坂先生なんでご存知で!」と笑ってしまいました。

先生のヒ-リングが始まってから 息子にすぐ変化が現れたのには驚きました。

自分から静かな勉強部屋に行き、落ち着いて宿題を始めたんです!

先生のヒ-リングを何度か経験させて頂いていますが、今回も 私自身も体感出来ました

4日の夜だったと思いますが、回りの空気感が違うというか 
澄みきった爽やかな高原にいるような爽やかさを感じました。

表現が下手ですみません

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



良かったですね、K代さん

表現は、とても分かりやすく、的を得ていますよ


私は、親の愛が、押しつけと怒りの形として子供に伝わり、それが親への憎しみになり、
将来、上司から命令されたり、叱られた時に素直になれないパターンが出てくることを
無くしたいと思っています


勉強しない子は、それが必要な仕事に就かないだけです

成績にムラがあろうと、一夜漬けしかやらないのであろうと、
やる気は自発を待つしか、手立てはありません


むしろ、親は、家と自分の怒りを浄化すべきではないかと思います






 いただくアート

20150104tz-sp2 (400x300)


これは、電話カウンセリングをお受けくださった多寿子さんにいただきました

まるで、光のアートの「年賀状」のようです

願いや、思いを現実にする光が、矢のように降りています


年賀状って、いろんな「干支を楽しむ表現」があって、ミュージアムショップに行ったような
ウキウキした気分になりますね

年々、和食や文字はもちろん、すべての日本文化の良さを見直す機運が高まっていますが、
「年賀状」も、そうした良き習慣の一つかもしれませんね

いただくアートとして年賀状を見た時に、
アートの側に文字を入れないでくださった方がいらっしゃって、
素敵な配慮だなと思いました







 新たな気持ちにしてもらう

20141227tz-sp (375x500)


これは、パワーチャージ浄化せっけんをお頼みくださった多寿子さんにいただきました

真ん中の少し左に、龍のような、鬼のような顔がありますね

全体として、現実を許して受け入れて行くことができるようにしてくれる空です


年賀状にも、「年が改まったことによる、新たな始まりの実感をいただく」意味合いが
ありますね


空にも、空気の中にも、新年の寿ぎがあふれているのを感じながら、
他人との比較ではなく、

自分が自分にできることをして、楽しく、豊かに、幸せになりましょう

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高坂 美紀(たかさかみき)

Author:高坂 美紀(たかさかみき)
カラーコンサルタントで
ヒーラー。

ヒーリング、カウンセリング、
パーソナルカラーアドバイス、
パッケージデザインアドバイス、
セミナー講師などで活躍中。

「人生を変える魔法の色彩
セラピー」をはじめ、
色と癒しの著作は34冊。

クリエスクールではカラーのプロ
養成講座「カラーヒーリング入門コース」
「カラーヒーラーとカウンセラー
の養成コース」の講師をつとめて
いる。

特に、離れたところにいる人に
光と念を送信したり、天使の
エネルギーを届けて癒す
「遠隔ヒーリング」では、
たくさんの人々を癒して
実績をあげている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
576位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
106位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR