老後

プランニング

20140915ta.jpg


きょうは、主人が誕生日祝いの”第二弾の花”を(金額的に不足していると思うらしい)
くれたので、その中の赤紫のユリを持っています



20140915fl.jpg


ピンクのケイトウも かわいかったです

今度はラッピングしてくれましたね

今年は、赤紫色の花が多く市場に出ていて、人気もあるようです

「赤紫」は、更年期障害や子宮筋腫・子宮がんなどのヒーリングに良い色ですよ



敬老の日ですが、60歳が近くなると、だんだん、「親に感謝」というより、
「自分の老後」を考える日になります

80歳までなら、90歳までなら、万一100歳までなら、・・・と、経済や、住まい方、
楽しみ方などを思いめぐらせるにつけ、

なんと、長生きは、お金のかかることだろうと思ったりします


同じプランニングでも、行事や旅行、ビジネスと違って、
老後というのは、健康状態と期間の長さが読めないだけに、難しいところがありますね






息子

20140915le.jpg

これは、庭に育った草ですが、葉の形がきれいだなあと思いながら見ています


昨日は、夫が借りてきた映画「息子」のDVDを観ました

椎名誠さんの小説「倉庫作業員」の映画化で、監督が山田洋次さんだけに、
人間愛に溢れた作品


主演の永瀬正敏さんも、聴覚障害者で恋人役の和久井映見さんも若々しくて、
東京の街、ファッション、田舎の法事の様子も、懐かしかったです

要らぬ口だしをする親類、社会や政治に不満を持ちながらも 頑張って働く労働者たち、
独居老人の孤独と希望、家族の葛藤を いきいきと描いているなあと感じました



一人になった田舎の父親を誰が引き取るのか、本人の気持ちはどうなのか、
環境の持つ癒しの力、近隣とのふれあいが持つ力について考えさせられ、

期待されて育った成績の良い子と、期待されずに育った成績の悪い子との対立、
嫁を迎えた長男と、嫁いで出産前の長女、独身の作業員である次男、それぞれの子が、
少しは親を思っているけど、たやすく引き取れない事情・・・・身につまされる人が多い映画です






死を前に後悔したこと

20140821ark-or (263x350)


これは、クリエ・スクールで学んでくださったあやさんのご家族で、猫のアレクサンダー君

好奇心全開の後ろ姿がかわいいですね~


主人が録画してあったテレビ番組で、外国のホスピスでの聞き取り調査の結果が
報じられていました

死を前にした人々が、後悔していることの上位5つの中に
「人の期待に応えることをしなければ良かった」
「あんなに働かなければ良かった」という二つがあって、なるほど~と感慨深く受け止めました

あなたは、もし、今 死んだら、何かを後悔しそうですか。

今からでも、その後悔を少なくできるかもしれませんよ


そういえば、ホスピスの人たち(死を前にした)が後悔していたことの一つに
「自分の気持ちを伝えれば良かった」というのがありましたよ

「好き」「ありがとう」「ごめんね」は、伝えないとね


4歳で前夫に託してきた娘が35歳になり、2歳と5歳の子を育てる中で、
先日「元気に産んでくれて、ありがとう」と私にメールをくれたので、

「元気に産んでくれて ありがとうと、言ってくれてありがとう」と返信をしました






幸福感のつくり方

20140915fu.jpg


これは、ある方が豊かに暮らせるように、願いを叶えるためにお描きして、

天使のエネルギーを入れて、「天界への頼み方と、どうすれば願いが叶いやすいかを
神様にお聞きしたアドバイスをお書きした手紙」と共にお送りした「天使の羽」


テレビで、おそらくアメリカの大学の授業の様子を紹介している番組を放映していた録画に、
耳だけを傾けながら聴いていましたら、

「人の幸福感は、出来事とは関係ない」と、調査結果を述べていて、はっとしました


そして、
自分らしく、無理をせずに、人との交わりを持ち、

出来るだけ人に親切にして(ボランティアなど)、人に感謝し、

今、ここにいることを大事に考えて、目の前の、やっていることに集中して、

パソコン、携帯電話、テレビ、車、電子レンジなどの機械的な技術を駆使することを
制限する(たとえば使わない日を作るとか)と

幸福感を感じやすいというようなことだったと、おぼろげに記憶しているのですが、
それぞれ、なるほど~と、思いました


出来るだけ病気をしないように、お金をためる、といった用心のほかに、
「自分で、幸福感を増大させる生き方をする」という取り組みを、

今からしていきませんか






聴こえ

20140824aya-ga2 (197x350)


これは、カラーヒーリング専科で学ばれた彩さんにいただきました

ツルで伸びる植物は、繊細なようで、強いですよね


主人がつけるテレビのボリュームがだんだん大きくなって「うるさい」と感じるようになりましたが、

娘がつけているテレビの音量は小さすぎて、ささやいているようで、
内容が分からずイライラします

あなたや、ご家族の聴こえは、どうですか

目も、耳も、足も、衰えを受け入れて順応するのは 悲しいものですね

でも、良いこともあります
それは、目や耳の不自由な人の気持ちが少し分かるようになったこと






家族の死後の幸福感

20140909tz-nv2 (400x300)


これは、パワーチャージドリンクをお頼みくださった多寿子さんにいただきました

いろいろな草花が自由に、混じりあって咲いているのって、いいですね


同じく、テレビで報じられていた聞きかじりですが、(アメリカの調査結果だと思います)
家族の死があっても、その人の感じ方としての”人生全般の幸福感”は、

2年で戻るというのを聞いてビックリ

「そうかなあ」と思ったり、「そうかも」と想像したり、「たくましいな」と感じたり

死者の側から見たら、家族の早い立ち直りは「さびしい」のか、「嬉しい」のか・・・・と
改めて老後と、死後の幸福感を考えました






高いらしい

20140912izumi-nv (320x240)


これは、遠隔ヒーリングをお受けくださったことがあるいづみさんからいただいた画像

ぽこぽこ 浮いている感じが楽しいですね

ストイックに頑張りすぎず、楽しむように導いてくれている空です



先日「秋の空は、高いのかしら」とつぶやいたら、
ご親切に、マリアさんが「テレビで、高いって言ってましたよ」と教えてくださいました

「やっぱり高いんだ~」と思ってみる「秋の空」は、いちだんときれいに見えてきそうです


お休みの方も多いでしょうね


敬老の気持ちを持って、ご先祖様にもお礼を言ってみてはいかがでしょう

優しい気持ちをやりとりできる「敬老の日」になるといいですね


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高坂 美紀(たかさかみき)

Author:高坂 美紀(たかさかみき)
カラーコンサルタントで
ヒーラー。

ヒーリング、カウンセリング、
パーソナルカラーアドバイス、
パッケージデザインアドバイス、
セミナー講師などで活躍中。

「人生を変える魔法の色彩
セラピー」をはじめ、
色と癒しの著作は34冊。

クリエスクールではカラーのプロ
養成講座「カラーヒーリング入門コース」
「カラーヒーラーとカウンセラー
の養成コース」の講師をつとめて
いる。

特に、離れたところにいる人に
光と念を送信したり、天使の
エネルギーを届けて癒す
「遠隔ヒーリング」では、
たくさんの人々を癒して
実績をあげている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
484位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
88位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR